トレード編

XMのトレードは自動で行うべき?それとも手動で行うべき?

  1. TOP >
  2. トレード編 >

XMのトレードは自動で行うべき?それとも手動で行うべき?

XMでは、MT4やMT5の機能を利用し、自動で売買する方法が用意されています。
自動売買を実施すると、画面を見なくとも取引が実施され、何もせずに利益を得られる場合もあります。

海外FXのXM口座をまだお持ちでない方は、ぜひ以下のバナーからスタートしてみてください。
▼ 今ならAmazonギフト券のプレゼントもありますので、お得に始められますよ!


▲こちらのバナーからXMリアル口座を開設し、口座の有効化を完了された先着100名様に、 FX根尾から感謝を込めて、ささやかですがAmazonギフト券1,000円分を差し上げます。
ご希望の方は「XM口座番号(※MT4 ID or MT5 ID)と口座の開設日」を、 私のTwitter宛のDM(ダイレクトメッセージ)にてお知らせ下さい。 Amazonギフト券は、TwitterDMにてお送り致します。 予告なくキャンペーンを終了する可能性がありますので、ご了承ください。

自動売買はメリットだけではなく高いリスクを持っている方法です。リスクを回避するために、手動取引とあわせて検討したほうがいいでしょう。
この記事では、XMの自動売買について、メリットやデメリットを説明します。

XMでは自動取引も可能となっている


XMでは、取引用として導入しているMT4やMT5により、自動売買システムを稼働させて取引ができます。この方法を利用することで、画面を見ていない状態でも、自動的にFXの取引が続けられるのです。

自動売買に必要なプログラムは、世界中に置かれています。これをインジケーターと呼びます。インジケーターによって、様々な方針によって取引ができるようになり、自分好みの取引を延々と自動で続けてくれるメリットもあります。

配布されているインジケーターは、ネット上に置かれているため、誰でも簡単にダウンロードができます。また、XMが用意しているインジケーターもいくつかありますので、このインジケーターを活用して売買を続けることも可能です。

自動売買を実現する場合は、自分に合ったプログラムを探すように心がけてください。取引の方法に合わないインジケーターを見つけたとしても、利益を失うだけの可能性があります。

なお、インジケーターは以下のサイト等でダウンロードできます。
http://fx-mt4ea.com/

XMのトレードを自動で行うメリット


XMのトレードを自動で行うメリットは以下の通りです。

・チャートに張り付く必要がない
・自動的に利益が得られる
・多数のプログラムからトレードの方針に合ったものを選べる
・初心者用のプログラムも用意されている

これらのメリットを持つため、自動売買を利用する人も多くなっています。特に自動的に売買が続けられるというのはいいところで、手間と負担を大きく軽減させてくれます。

ここからは、XMのトレードを自動で行うメリットについて説明します。

チャートに張り付く必要がない

チャートに張り付く必要がないため、自分の自由時間をしっかり確保できます。自由な時間をより多く持ちたいと考えているなら、XMの自動売買を使ったほうがいいでしょう。

画面を見ていない状態でも、XMでは自動的に取引が続けられます。また、インジケーターによって、取引を終了するタイミングなどをしっかり図ってくれるため、画面を見ていなくても安心して放置できるのです。

自動的に利益が得られる

自動的に売買が続けられるため、勝手に利益が増えていきます。利益が増えるタイミングがしっかり作られている場合は、放置しているだけで膨大な利益を確保できます。ただ、プログラムの方針によっては、取引を勝手に終了させてしまい、利益が縮小する場合もあります。

多数のプログラムからトレードの方針に合ったものを選べる

自動取引には、自分好みのプログラムを見つけられるメリットがあります。インジケーターの中には、取引スタイルに合わせて様々な動作をするプログラムが作られています。使いやすいインジケーターを探せば、自動売買の安心感も強まるでしょう。

初心者用のプログラムも用意されている

初心者でも自動売買ができるように、簡単に取引ができるプログラムも用意されています。自動売買になれていない人は、初心者にもおすすめのプログラムを使ってみましょう。

XMのトレードを自動で行うデメリット


一方で、XMで自動売買を行うデメリットもいくつかあります。

・損失が出ている際の対処が難しい
・勝手にロスカットやゼロカットが行われるリスクもある
・プログラムの選び方が難しい
・取引終了のタイミングがうまく作れない可能性あり

以上のデメリットを持つため、トレード時は慎重に自動売買を検討したほうがいいでしょう。

ここからは、自動売買のデメリットについて、詳しく説明します。

損失が出ている際の対処が難しい

損失が発生している場合は、対処が困難となります。画面を見ないで取引を続けている以上、損失がかなり増えている恐れも十分にあるのです。こうした問題に対処できない場合は、自動売買を避けたほうがいいでしょう。

勝手にロスカットやゼロカットが行われるリスクもある

自動的に売買を繰り返していた結果、ロスカットやゼロカットが自動的に実施される恐れもあります。一定の証拠金額を下回ってしまうと、ロスカットが入ってしまう他、証拠金がマイナスになるとゼロカットの処理が行われます。利益が得るどころか自動取引で損をする恐れもあるため、注意が必要です。

プログラムの選び方が難しい

インジケーターの選び方は、初心者では非常に難しい部分もあります。プログラムの選び方がわからないために、自動売買に踏み切れない人も多くなりがちで、導入までの難易度は比較的高いと言えます。

取引終了のタイミングがうまく作れない可能性あり

取引終了までのタイミングがうまく作られず、数日ほど放置されている可能性もあります。自動売買が続けられない場合、プラスとなっていても利益に繋がりません。こうした取引終了のタイミングを上手に作るため、自動売買のタイミングはしっかり検討しなければなりません。

XMのトレードは自動で行うべき?


自分のトレード方針に合ったインジケーターを見つけられるなら、自動売買を検討してもいいでしょう。自動売買によって、自分の取引スタイルを自動的に継続し、利益を得られる可能性があります。その場合は売買で損失が出た場合でも、納得できる部分はあるでしょう。

XMの画面を見続けられない場合も、自動売買を使ったほうがいいでしょう。これは、手間と負担を軽減させられるだけでなく、健康面でのメリットも多くなっているのです。

しかし、本当にリスクを軽減したいと考えているなら、自動売買ではなく手動売買を利用したほうがいいでしょう。手動売買を使ったほうが、早期の終了やゼロカット、ロスカットのリスクは回避できます。どうしても不安に感じているなら、XMのトレードは手動で行ってください。

また、スキャルピング取引を実施する場合は、必ず主導で取引してください。スキャルピング取引は、短時間で取引を終了させる手法ですが、インジケーターが対応していないという問題を抱えています。自動売買は使わないほうがいいでしょう。

まとめ

XMのトレードは自動で実施できる方法が用意されています。導入するまでには手間がかかりますが、手間に見合った効果が実現できるメリットを得られるでしょう。

ただし、トレードの方針を考慮して自動取引を導入するか決めてください。トレードの方針が合わないインジケーターを利用する、もしくはトレードの方針が合わないのに自動売買を検討している人は、その方針を捨てて手動で取引したほうがいいでしょう。

海外FXのXMに興味を持たれた方は、ぜひ以下のバナーからスタートしてみてください。
▼今ならAmazonギフト券のプレゼントもありますので、お得に始められますよ!


▲こちらのバナーからXMリアル口座を開設し、口座の有効化を完了された先着100名様に、 FX根尾から感謝を込めて、ささやかですがAmazonギフト券1,000円分を差し上げます。 ご希望の方は「XM口座番号(※MT4 ID or MT5 ID)と口座の開設日」を、 私のTwitter宛のDM(ダイレクトメッセージ)にてお知らせ下さい。 Amazonギフト券は、TwitterDMにてお送り致します。 予告なくキャンペーンを終了する可能性がありますので、ご了承ください。

口座開設は最速2分で完了します!↓詳細はこちらから。

-トレード編

Copyright© XMで「億り人」の人生を手に入れる2つの方法 , 2020 All Rights Reserved.